プリザーブドフラワーとは

プリザーブドフラワーは、1990年の初め頃に、フランスのヴェルモント社により開発されました。
プリザーブド(preserved)とは(保存する)という意味です。切ったばかりの生花を脱水してからソフト加工、染色、乾燥したものがプリザーブドフラワーです。

染色に使う保存液は、人体に害の無い親油性の物です。
プリザーブドフラワーは、生花に近い自然な風合いや柔らかさを長期に渡り継続させる技術で、ルティアのレッスンにおいてもウェディングブーケをはじめ、メモリアルギフト、ディスプレイなど人気を博しております。
また、世界的に有名なメーカーとしては、フロールエヴァー社、ヴェルモント社、ヴェルディッシモ社、等があります。


発色のよさはプリザ最大の魅力です
  • フロールエバー(florever)社
  • 世界有数の花の生産地コロンビアで厳選された花材を独自の技術で加工。生花のような風合いを長く保つ高品質なフレッシュルックフラワー。
  • ヴェルモント(Vermont)社
  • 顔料を含んだ染色を施しているため色落ちが少なく、シックなカラーがあります。
  • ヴェルディシモ(VERDISSIMO)社
  • 商品の種類が多く独自の技術によりパステルカラーなどのバリエーション、グリーンなどの種類も豊富です。

毎年、続々と新色も発表されており、レッスンにおいても用途にあわせてメーカーや花材を選ぶことは楽しみのひとつのようです。

保管方法と注意点

保存の状態がよけば数年は楽しめます。直射日光や湿度や乾燥に気をつけましょう。
ホコリがついたら柔らかい布なのでやさしくはらうか、ドライヤー(弱冷風)で落として下さい。
乾燥剤を入れたケースにアレンジを保管するといいでしょう。
ただし、乾燥しすぎると花びらが割れることもありますので御注意下さい。
殺虫処理はされていますが、虫がつく場合もありますので樟のうなどを入れておけば防虫できます。
布などに接触したまま放置しておくと色移りします。充分ご注意ください。
万が一、洋服などに着いてしまった場合は、早めにクリーニングに出してください。

Relational Contents

Lutia オンラインショップ

アトリエ・ルティアの自信作!
贈り物にもインテリアにもピッタリなプリザーブドフラワーはコチラからお買い求めいただけます。

お問い合わせ

プリザーブドフラワーはもちろん、生花を使ったアレンジなども承ります。大切な方へのギフトや店舗ディスプレイもご相談ください。